破産者マップ

投稿日:

先週から「破産者マップ」なるものが話題になっていますね。

ネットのみならず地上波でも取り上げられ始めました。

 

ごく簡単に書くと、

・官報(国が発刊する書面)には自己破産者の住所氏名が掲示される。誰でも閲覧可だが、ただし非常に見にくい。

・これを纏め、さらに住所をグーグルマップと連動させ近隣や地元の破産した人が簡単に分かってしまうというサイトが表れた。

というものです。

 

元々オープンになっている官報の内容を再掲しただけなので違法性は無いとする解釈、あるいはこれも不当利用・プライバシー侵害に当たる、仮に合法でもモラルとしてどうなのという喧々諤々の議論が各所で行われていました。

そのうち管理人がマネタイズを始めたりニセ管理人やその二次被害者や弁護団まで表れてキナ臭い動きが広まってきたところで管理人自らサイト閉鎖…というのがここまでの流れです。

 

サイトの是非について論じるのはここでは避けますが、今回架空ブロガーへ言いたいことはこれ。

「自己破産者を自称するならこのニュースをスルーするな!」

 

 

まあAI子おじさんのことなんですけど。

 

AI子おじさんがプロフ欄に書いている「自己破産経験あり」設定を信じるなら、先日まで自分の本名と元住所がネットに晒されていて、知り合いの誰が見ているかも分からない状態だったわけですよ。

それに対して当事者なら怒って当然とまでは言いませんが、肯定なり否定なり一言のコメントくらいはあるでしょう。

 

いや、勿論AI子おじさんの自己破産設定が嘘で、従って破産者が晒された事に対して何の感情もないことは分かって言っていますよ。

ただそれはあくまでもリアルの話で、「リアルAI子おじさん」が無関心だからといって「架空キャラとしてのAI子おばさん」を無関心にしておく理由にはなりません。

 

おそらくここ数日は「自己破産」というワードが日本史上最大に使われた期間でした。

多くの無関係な人も借金・自己破産について少しは意識している今、バツイチと同じく死に設定になっている自己破産設定をここで使わずいつ使うのか。

逆にここまで環境が整っても扱えないような設定ならはじめから盛るなと言いたい。

 

少なくともつまらない地主ネタの連呼よりはよほど読者需要があると思いますよ。

 

まあ相手の興味を無視して自分の語りたいことを延々語ってしまうタイプの残念なおじさん、現実でもたまにいますけどね。




-AI子おじさん

Copyright© 没落ぽに助の借金ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.