AI子おばさんの中の人、やはり入れ替わっていた!後編

投稿日:

<前編>の続きです。

 

ここからは便宜的に旧AI子おばさんを「初代」、現AI子おばさんを「二代目」と呼びます。

 

まず、二代目に売却されたはずのブログに初代のコード(末尾1264)がまだ紛れているのは何故か。

前回は二つのコードを並べた画像をお見せしましたが、実はページ中で末尾1264(初代)が登場するのはこの一ヶ所のみ、対して0010(二代目)は他に十ヶ所くらい存在します。

よってこれは単に二代目が初代のコードを消し忘れているだけというオチでしょう。

見たところ残っている初代のコードはサイト内の若干分かりにくい場所に書かれているようですから、まだ見つけられていないのかもしれません。

初代が敢えて残している罠かもしれませんが、二代目はこれも早く変えないと収入の一部が初代に流れてしまっていますよ。

 

それにしても初代にはしてやられました。

引退まで追い詰めたとも言えますが、悪く言えば勝ち逃げされたというところですね。

手塩にかけて業界トップにまで育てた架空ブログを落ち目と見るやあっさり手放して売り抜けた判断力は敵ながらお見事です。

これからはこんな業界からは足を洗ってまっとうに生きて下さいね。

 

逆に二代目(家電大好きおじさん、50代男性)はこれから落ちていくだけのブログを高値で掴まされましたね。

初代AI子おばさんは架空ブロガーとしての基本はかなりきっちり押さえていた印象ですが、一方で二代目は自分のiPad紹介サイトを残していたり、初代のコードを消し忘れていたり、地元の方言が出てしまったり、いちいち言語チョイスが古かったり…

これから他人を騙して稼ごうという人がこんな序盤でミスを連発してしまうのは危機感とセンスに欠けていると言わざるを得ません。

そして何よりもフィクションとしての面白さが全くない。

自分の方が初代より上手く立ち回れると思って引き継いだのでしょうが、これでは信者は離れていく一方です。

 

ちなみにサイト売却時の相場は見込み収益の1~3年分くらいと言われていますから、AI子おばさんの場合はPVから考えてそれが数百万~一千万程度になってもおかしくはありません。

二代目はこのスタイルでブログの購入代金を回収できるまでアクセスを維持できるかはかなり怪しいと思いますので、損切り覚悟でまた第三者に売却しては如何でしょうか。

 

 

ということで、前後編でお送りしましたAI子おばさんの入れ替わりトリック解説。

中の人が変わったのではないかというコメントは何度か頂いていおりましたが、今回それに確証が得られた形です。

具体的に二代目に替わった日までは分かりませんが、AI子おばさんの言動がおかしくなった時期から推察するに先月末か今月頭くらいでしょう。

ちょうど僕が借金カテゴリから追い出された時期なのでこちらへの当てつけで敢えて雑なネタ作りをやっているのかと思っていましたが…どうやら本気でやってこれだったようです。

 

 

全ジャンルの架空ブログを含めても業界トップに君臨していた初代AI子おばさん。

その初代の引退、そしてボンクラの二代目の就任。

この一大事を受けて業界の勢力図はどう塗り替わっていくのか。

今後も注目していきたいと思います。

 




-AI子おじさん

Copyright© 没落ぽに助の借金ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.