Anarchy in the U.K.

投稿日:2018年11月17日 更新日:

今更なんですけどイギリス在住設定要りますかね?

 

そりゃ旅行記や歴史ブログじゃないので、オススメの観光地を教えてくれとか、イギリス英語とアメリカ英語の違いを紹介しろとか、大英帝国は如何に崩壊したのかとか、ノルマンディー上陸作戦における諜報部の功罪とか、そんなテーマは求めていませんよ。

ただね、もう三年くらい架空ブログやってるのに、風景とか食卓の写真とか、普通にブログを書いてたつもりが英単語が挟まってきちゃったとか、そういう小技の一つすらもないわけです。

 

よく言われるように真実に交ぜられた嘘が最もバレにくいわけですから、メインエピソードで嘘をつくならばこそ、それ以外のところはリアリティを出していかないといけません。

扱いきれない設定なら無い方がマシです。

 

仮に「国際結婚と移住からくる苦労話」で架空ブログを作りたかったならば英国在住設定に必然性も出てきますよ。

しかし結局ブログの骨子は旦那の浮気と無茶苦茶なお義母さんなわけですから、これなら普通に日本在住の二世帯家族で同じ話を展開してもなんら不都合はありません。

 

僕は嘘のエピソードで騙そうとしてくる架空ブログはもちろんもれなく嫌いなのですが、その中でもこういう細かい設定をちゃんとしてない輩は二重に罪が重いと思うのです。

それはつまり、「そういうリアリティを出すための細かい演出や設定の作り込みをする努力を怠っても、馬鹿な読者は簡単に騙されてくれる」と思っているということですからね。

要は読者を舐めてるってことです。

 

ましてアドセンスコードでバレるなんて論外中の論外。

おまけにブログ村の同じカテゴリに登録して二つとも上位とか何故これで騙し切れると思ったのかが不思議なくらいです。

 

僕の知っている架空ブロガーは同じアドセンスコードで二つ架空ブログを運営しながらも、夫婦という設定にして登録するカテゴリーも分けてましたからね。

多重債務のKカスおじさんと見つめ合うおばさん

 

まあ、こちらは「旦那の方は嫁のブログを知ってるけど嫁の方は旦那のブログを知らない」という、これまた不要に複雑な設定を入れてしまい破綻しましたけど。

 

何故架空ブロガーは本筋と違ったところで下手に個性を出そうとしたり奇をてらったことをしてしまうのか。

 

これについては架空ブログ撲滅委員会で引き続き調査したいと思います。

 




-イギリスのおばさん

Copyright© 没落ぽに助の借金ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.