コンピューターおばあちゃん

投稿日:2018年11月16日 更新日:

ぽに助です。

 

先日、「イギリスのおばさん」と「出ていっておじさん」の作者は同一人物というお話をさせて頂きました。

 

これで速攻でブログを畳むことはないにしても、証拠隠滅でアドセンスを剥がしてくるくらいはしてくるかと思いましたが…普通に更新していましたね。

ブログ村から逃亡することも期待していたのですが…

 

そういえばかつてこちらが攻撃する前から自主的にブログ村を出ていった架空ブロガーもいました。

ギリギリ崖っぷちおばさん、消える…

 

 

まあ相手は親身になって心配してくれる人の善意を利用する架空ブロガーです。

驚くべき図太さの神経と厚いツラの皮をお持ちなのでこれぐらいでは意に介さないでしょう。

 

繰り返しになりますが、アドセンスコードが同じ=同一人物。

これは曲げようのない事実です。

 

唯一、同一コードでも別人という可能性があるとすれば…その二人が夫婦で同じコードを共有しているというケースくらいですかね。

 

しかし「イギリスのおばさん」と「出ていっておじさん」に限って言えばこの二人が夫婦というケースはあり得ません。

 

何故なら…(という接続詞を置くのも馬鹿らしいですが)

イギリスのおばさんの旦那はイギリス人だから。

 

この二人が夫婦なら「出ていっておじさん」が実はイギリス人だったということになりますからね。

とんでもなく流暢な日本語スキルをお持ちなのでもはや架空ブログでなくこちらで食っていくべきでしょう。

 

まあそれ以前に結局どこの国に住んでて同居しているおばあちゃんはどっちの親なのよという話も出てくるんですけどね。

どちらもからもお義母さんと呼ばれている、どちらとも血縁関係のない、国籍不明の謎のおばあちゃん。

同居している血縁関係のない夫婦に孫をせがみ、大人のアイテムを渡してくる謎のおばあちゃん。

 

そりゃ出ていってほしいですよね。

 




-イギリスのおばさん

Copyright© 没落ぽに助の借金ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.