イギリスのおばさん=出ていっておじさん

投稿日:2018年11月15日 更新日:

ぽに助です。

 

さて、お忙しいところお集まりいただいたのは他でもありません。

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、このにほんブログ村の家族カテゴリーの中に架空ブロガーがいます

もちろん確たる証拠もご用意しておりますのでしばしお付き合いください。

 

架空ブロガーとは

創作・作り話を事実としてブログで発表する輩。

内容は様々であるが、借金・家族・病気・仕事などをテーマに悲劇的なストーリーが展開されることが多い。

創作のため昼ドラ的な非現実的で突飛な内容になりがちだが、それでも騙されてしまう人はいる。

目的はアクセスを集めることによって得られる広告収入。

大手架空ブロガーともなればその収益は月30万円~100万円に達する。

 

当然彼らは人の善意を踏みにじることを何とも思っていません。

むしろ自分を本気で心配してくれている人のことをカモとしてしか見ておらず情報弱者と小馬鹿にしているわけです。

ネットにはそういうとんでもない外道がいるのです。

 

 

では、どうやって架空ブログを見分けるか

 

話の中から矛盾点を拾っていく方法もありますが、一番手っ取り早いのはそのサイトのアドセンスコードを確認することです。

アドセンスコードとは、googleが発行している広告(グーグルアドセンス)を貼るために、一人に一つだけ与えられる個人識別用のナンバーです。

このナンバーが自分の登録情報と紐づいているため、このナンバーをサイトに用いて初めてgoogleから自分の口座に広告収入が振り込まれるのです。

 

アドセンスコードの確認方法

確認したいサイト上で右クリックし「ページのソースを表示」を選択

→ プログラミング風の文字列が出てきたら、Ctrlキーを押しながらFキーを押す

→ 検索窓に"ca-pub"と入力しエンター。

→ もしアドセンスを使っていれば"ca-pub-16桁の数字"が見つかります。

この数字がアドセンスコードです。

 

繰り返しになりますが、このナンバーはgoogleから一人に一つまでしか与えられません。

そのため、一人の人間が複数のブログにgoogleの広告を貼りたい場合は同じナンバーを使うことになります。

 

逆に言うと、もし別のサイトで同じアドセンスコードが用いられているのを見つけたら、そのサイトの作者は同一人物です。

マイナンバーと同じく、異なる人間に同じ番号が振られることは絶対にありません。

 

 

さて、本題はここから。

 

この方法でアドセンスコードを確認していくと、ブログ村の家族ブログの中に、同じアドセンスコードを使っているブログが見つかりますね。

 

 

発表します。

 

 

「イギリス在住、冷えても継続中のおばさん」

 

 

「お義母さんに出ていってほしいおじさん」

 

 

この二人は同じアドセンスコードを使っています。

すなわちこの二人は同一人物です。

 

話を信じていた人もいらっしゃったかもしれませんが、

残念ながら彼らは利益目的の架空ブロガーの作った想像上のキャラクターです。

 

 

架空ブログを書いている中の人がおばさんかおじさんか分かりませんが…

3年くらいやられているのでまあまあ稼いだでしょう。

ここらが潮時です。

 

騙していた人と、真面目に家族の問題に悩む他のブロガーさんに申し訳ないという気持ちが少しでもあるのなら…

今すぐ引退してください。

 

お返事お待ちしております。

 

ぽに助でした。

 




-イギリスのおばさん

Copyright© 没落ぽに助の借金ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.