木の葉の蓮華は二度咲く

投稿日:2018年10月30日 更新日:

架空ブログ撲滅には皆様からの情報が不可欠です。

奴らの主な潜伏先はこちら。
怪しいブログを見かけましたらご一報頂けると幸甚です。



AI子おばさん、同居を開始するやいなや、ここぞとばかりに父ネタを使い倒しすぎです。

 

慌ただしい新生活アピールで有耶無耶にしようとしていますが、親戚に借りた借金はちゃんと返しましょう。

母親が自分で返すわけがないと分かっているならなおさら。

 

仮にお母様の友人はお母様経由でないと連絡が取れないとしても、親戚の方はAI子おばさん自身の親戚でもあるわけですからいくらでも連絡は取れるでしょう。

(連絡先を教えていないはずなのに職場を突き止めたお父様のスパイ能力を駆使すればご友人の方も探し出せるかもしれませんが)

 

借金額を羅列したプロフィール欄からもいつの間にか親戚への借金だけが消えていますね。

ここに書いていたということは一度は自分の借金であるという認識はあったわけですよね。

借金額を水増しし、散々可哀そうな自分演出に利用した挙句、いざ返す段になるとお母様へ押し付ける。

 

「皆それぞれ別の道を歩み始めている(キリッ)」

などと何を良い話風に締めているのか分かりませんが、親戚とお母様のご友人からすれば現在進行形で踏み倒されている形ですよ。

 

百歩譲ってもう母親とは赤の他人であり借金返済の義務は自分にはないと開き直るのであれば、父親も救済すべきではありませんでしたね。

「AI子おばさんは親を見捨てられない優しい人間なのだなあ」…とは誰も思わないですよ。

親戚からすれば父親に使う金があるなら1円でも返してくれという話ですからね。

 

散々心を鬼にして親元を離れて幸せになろうよ形式のポエムを垂れ流した挙句、

金食い虫&トラブルメイカーになることが分かり切っている父親を再び匿ってネタ作りに走る。

この中途半端さ。

 

AI子おばさん、残された道は二つに一つです。

冷徹に全ての関係を断ち切って自分だけの幸せを追い求めるか、自分を犠牲にして全被害者を救済するか。

 

最後に、AI子おばさんにこの言葉を贈ります。

「Change your lile(チェンジ・ユア・ライル)!!」

 

 

 

次  回  予  告

 

AI子おばさんの踏み倒した借金を巡り荒れる第三新大阪市。

神との対話に成功しため組おばさんに起こるのはアセンションかアブダクションか。

母の仮病と父の倉庫バイトに終焉の鐘が鳴り響くとき、撲滅委員会最大の謎が明らかになる。

 

次回、「ぽに助のブログ収益公開」

 

この次も、サービスサービス!




-AI子おじさん

Copyright© 没落ぽに助の借金ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.