このブログは監視されています

投稿日:2018年10月18日 更新日:

架空ブログ撲滅には皆様からの情報が不可欠です。

奴らの主な潜伏先はこちら。
怪しいブログを見かけましたらご一報頂けると幸甚です。



 

め組おばさんですが、最新の情報によると以前の仕事を辞めて、そして新たに夜の仕事を始めていたようです。

需要があるのかという疑問は湧きますが、蓼食う虫もと言いますから、そこは「あるところにはある」ということにしておきましょう。

 

僕が注目したいのはそのあと。

「●●というコメントを頂きました」と書いておいてからの、

→「私はそうは思わない、何故なら~」と勝手に独自理論を展開し始めたくだり。

 

コメントを頂きましたと言っていますが、め組おばさんのようにコメント欄を閉じているブログはコメントを貰えません。(当たり前体操)

 

つまりここで行われているのは、

①(架空の内容の)日記を書く。

②(架空の)第三者から(自分で考えた)批判コメントの書き込み(があったことにする)。

③それに反論する。

 

まさにマッチポンプです。

息をするように嘘を吐くとはこのことです。

 

 

しかし!

今回に限ってはどうやら事情が違うようです。

 

今回め組おばさんのブログ内で紹介されているコメントというのは、実は実際にあったコメントなのです。

が、上にも書いた通りコメ欄を閉じているブログにコメントはできません。

ではどこに書き込まれたコメントなのか?

 

そう、なんと今回め組おばさんの取り上げられているコメントというのは僕のこのブログに寄せられたコメントなのです。

さらに、それに対して頼んでもいないのに反論しているのです。

人のブログを勝手に覗き見た挙句勝手に自ブログで引用・返信するという図太い神経。

 

今回でこのブログを見ているのが確定したわけですが、そのくせ以前から聞いている、

・め組おばさんと旦那さんが何故か同じアドセンスコードを使っている謎

・おじさんのブログに触れない謎

・ブログ村を辞めると言いながら辞めていない謎

・ブログ村のバナーを張っていないのにinポイントが入り続けている謎

・広告収入で儲かっているのにキャッシングを行う謎

・限度額の概念を無視して何度もキャッシングできる謎

 

については相変わらず華麗にスルーされています。

 

今回の記事も覗き見られていたらお答えいただけないでしょうか。

 

皆さんも、コメント欄を閉じている架空ブログ宛にメッセージを送りたいときはどうぞ当ブログのコメント欄をご利用ください。

少なくともめ組おばさんには届くようですので。

あわよくば返信まで頂けるかもしれませんよ。




-め組おばさん

Copyright© 没落ぽに助の借金ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.